ネイル

雑貨専門学校で学ぶ特殊技術|ファッションのスクールで資格ゲット

  1. ホーム
  2. ファッションの仕事

ファッションの仕事

ウーマン

ファッション関係の仕事に就きたい場合

ファッションに興味がある若い女性はとても多いです。どうせなら好きな事を仕事にしたいと希望する人は、以前より増えているそうです。ファッションの勉強をする場合、大学や短大の被服科か専門学校が選択肢としてありますが、どちらを選べばよいのでしょうか。一般的に大学や短大の場合は、ファッションの勉強以外に一般教養の授業があり、専門分野に特化しているとはいえません。就職先もアパレル企業以外のことが多く、ファッション関係の仕事に就きたいと希望する場合は専門学校のほうがおすすめです。ファッションの専門学校の場合、就職先のほとんどがアパレル関係です。ファッションの専門学校の場合、希望する仕事別にコースが分かれていることが多く、より専門的な勉強ができます。

専門学校ならではの強みとは

例えば、デザイナーコースやパタンナーコースなどのクリエイティブなコースから、アドバイザーやコーディナーターなどのビジネスなどの分野に分かれ、1年からなりたい職業に必要な技術を学んでいきます。専門学校の強みは、就職や専門分野の勉強以外に、必要な機材や道具が揃っていることです。例えば、ミシンやアイロン、パターンを実際に出力するプリンターや周辺機器、トルソーなど、ソーイングやドレーピング、パターン制作に必要な道具が揃っているので、作品が十分に制作できる以外に、実際に就職した後に使える実践が身に付きやすい環境で勉強できます。大学などの場合、ミシンやアイロンなどの数が足りず、家で制作することはよくあることのようです。